高脂血症を引き起こさない様に早目の対策!

生活習慣病である高脂血症は、血液中にコレステロールや
中性脂肪が正常値を超えて存在する状態を指します。

 

どちらも生命活動には必要な成分ですが、
過剰にあっては様々な病気を促進させてしまいます。

 

血中コレステロールが増えてくると、血管の内壁にコレステロールの塊である
プラークというものが生成しますが、これは数が少ないのならば問題は小さいのですが、

 

たくさん出来てしまうと血管の流れを悪くし
状況にもよりますが詰らせてしまう場合もあります。

 

また、プラークの出来た壁が薄いと何らかの刺激で潰れてしまい、
内溶液が血液と触れることで血栓が出来ます。

 

血栓は、生活習慣病にも数えられる心筋梗塞や脳梗塞の原因です。

 

生活習慣病を予防するためにも、脂肪分を日頃から
しっかりとコントロールしていくことが重要になってきます。

 

高脂血症を防ぐには食生活を見直し、運動を行うことです。
高カロリーの食事には大量の油脂が使われている場合が少なくありません。

 

また、動物性タンパク質には脂身として脂質が多い食材もありますから、
カロリー控え目な献立になるように工夫しましょう。

 

運動は、生活習慣病だけではなくダイエットにも有効ですね。
有酸素運動は脂肪燃焼作用をアップし、体の負担も少ないのでおすすめです。

 

歩くのもよく、1日一万歩を目安に散歩したり、
エレベーターではなく階段を使うなど出来るだけ歩くように心掛けます。

 

生活習慣病対策に取り掛かり、蓄積した体の脂肪を解消して
スッキリしたボディを目指しましょう。
早期対策が肝ですよ!