タバコはやっぱりダメですよ・・生活習慣病は特に・・

生活習慣病や成人病にとっては大敵とされるのがタバコです。
喫煙は重篤な健康被害を与える恐れのある有毒なものです。

 

タバコに含まれるのは、ニコチン・タール・一酸化炭素・シアン化水素
鉛・ヒ素など、有害物質が大量に存在します。

 

発がん性のある成分も多く、肺がんの原因であるのは
世間を通じてもよく知られるところでしょう。

 

タバコが持つ問題としてしばしば取りざたされるのが、
ニコチン依存症で、体に悪いものだと分かっていても
なかなか辞められない、

 

禁煙するとイライラしてしまうといった症状に悩まされ、
次第に下痢や嘔吐、更には幻覚なども起きる重度の依存症

 

それから、生活習慣病の疾病に含まれるがんを引き起こし、
呼吸器や循環器に非常に大きな負担を掛けます。

 

そして、タバコに含まれる活性酸素は血管にダメージを与え、
動脈硬化、心筋梗塞に脳梗塞などへのリスクを高めます。

 

それと、生活習慣病の症状には歯周病もあります。

 

タバコは歯肉にある血管を収縮させ、
歯周病を進行しやすくさせることが分かっています。

 

タバコはまさに「百害あって一利なし」生活習慣病を防ぐには、
一刻も早く禁煙することが大切になるのです。

 

特に若い頃から吸い続けている場合は通常よりがんや
心臓病になりやすいことも指摘されており、注意しなければらないと言われます。

 

また、タバコは自分だけではなく喫煙者の周りにいる方にも
かなりの影響を与えます。理由としては副流煙によって周囲の人にも

 

健康被害を及ぼす危険がありますから、分煙化をきちんと行い
早期の卒煙を目指していくと良いでしょう・・

 

PR広告 森田良二 イデアルバンク