生活習慣病は運動をすることで改善できるの?

生活習慣病の大きな原因になっているものの
ひとつに運動不足があります。困ったものですね・・

 

昔は自動車や電車、あるいは便利な家電などはありませんでしたから、
生活の基本は自分の体を動かすことでありました。

 

しかし現代社会は、通勤・通学も家事も機械化が進み、
ちゃんと歩いたり、体を動かさなくても済むようになっています。

 

そのため、慢性的な運動不足を招く結果になり、
生活習慣病になりやすい環境にあります。
生活習慣病を予防するには運動が不可欠です。

 

食事を取り、体を動かすことで摂取したカロリーが消費されますが、
運動不足ではエネルギーが消費しきれず、

 

そのまま脂肪となって体内に蓄積していきます。

 

溜まった脂肪は肥満や糖尿病を発症させ、
さらにその他の生活習慣病を呼び込んでしまうでしょう。

 

まだ若い学生の頃までは体育の授業や部活動などで
運動する機会は多いものですが、社会人になると

 

スポーツをする趣味を持つ方以外は
日々の暮らしの中で運動することもなくなってしまいます。

 

そうなると運動不足から生活習慣病を発症させる恐れが高まります。

 

また、若い頃は積極的にアウトドアライフを楽しんでいても、
年齢と共に体力の衰えや多忙を理由にやらなくなるケースも目立ちます。

 

実際に、生活習慣病患者が増加してくるのは30代とされます。

 

生活習慣病にならないためにも、そして健康維持のためにも、
定期的に運動する習慣を身に付けるのがおすすめです。
適度に体を動かし、生活習慣病を予防しませんか?