食生活が引き金?

生活習慣病は増えてきたと言われて久しいのが現状です。
近年、メタボリックシンドロームも話題になっている中、
生活習慣病と深い関係があるのではないかと指摘されています。

 

ひとつには食生活の変化が考えられます。
日本には伝統的な食文化である和食があります。

 

しかし、洋食やファーストフードなど、食の欧米化が
ここ数年では進んでいくことによって、和食と比べると
カロリーの高い食事が好まれ始めました。

 

また、外食産業も盛んになり、食文化は非常に豊かになっています。

 

その反面、生活習慣病にとっては問題の脂肪
中でも動物性脂肪や糖分を過剰に取る結果を招いています。

 

もちろん、西洋文化が移行してくることで体にとって、
重要な栄養分であるタンパク質を補給できたり、

 

日本人には不足しがちなカルシウムなども牛乳やチーズなどとして
摂取できることからも食生活の変化は歓迎すべき点がたくさんあります。

 

ですが、過剰に摂り過ぎる栄養が多くなる点が問題で、
肥満に悩む方は確実に増加しているようです。

 

それから、もともと日本人には飢えに備えて、
脂肪を溜め込みやすい遺伝子を持っているとされます。

 

太りやすい体質と食生活の変化で肥満になる方が増加し、
糖尿病や高血圧、高脂血症を発症しているようです。

 

よって、生活習慣病を予防するには食生活を見直しを
本気で取り組んでいくことがとても大切です。

 

日頃から和食中心の献立にしたり、栄養バランスの取れた
食事を取るように注意してくださいね!